主将挨拶

立教大学体育会ヨット部公式HP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

今、皆さんの目の前に広がる可能性は、「海」のように

大きく広がっています。

ここで私が一番伝えたいのは、

立教大学ヨット部の「強み」は、経験者と未経験者が互いに

高めあっている環境が整っているということです。

部員の多くが、大学からヨットを始めて活躍しています。

皆さんの「可能性」が、私たちの強みをよりいっそう豊かに

してくれることを期待しています。

立教大学体育会ヨット部は設立は1942年。創部70周年を迎えた歴史と伝統のある組織です。今日、関東エリア(水域)では約50校もの大学のヨット部がありますが、私たちのヨット部はその中でも設立時期が早い部のひとつです。
伝統のある定期戦、東京六大学定期戦、や同志社大学との定期戦(琵琶湖まで遠征)など、強豪校との交流試合を今日に至るまで先輩方から受け継いでいます。
また、部のこれまでの輝かしい戦績はもちろんのこと、それらを勝ち取った諸先輩方(立教大学体育会ヨット部OB会)から、年間を通じた活動へのご支援やご指導をいただいていますし、交流も盛んに行われています。これは、ヨットのみならず卒業後、実社会に出てもずっと続く心強い関係性・ネットワークです。これも伝統校の体育会ならではの繋がり、といえるかもしれません。
個の成績を上げることは競技なのでもちろんですが、チーム一丸となって母校の勝利を目指す。その過程でこの伝統を「背負う」、ということは普段ではなかなか得られない経験となるでしょう。

貴重な4年間を注ぐだけの価値が、ここにはあると思います。

伝統と歴史

 

 

お世話になっております。

今年度主将兼スナイプリーダーを務める、理学部数学科3年松永寛太郎です。

 

昨年度はスナイプ級のみながら関東秋インカレ8位で全日本の枠を獲得し、立教大学として4年ぶりに全国の舞台に戻ることができました。

西宮で見た景色は、この大会に全てを懸けて練習してきた強豪校の本気。そして、難しいレースを勝ち抜き優勝した慶應大学と京都大学の姿。掲げた目標を達成しチーム全員が泣いて喜ぶ光景は、無念さと羨望で満ちた心に刺さるものでした。

 

今年の全日本インカレも西宮で行われます。
私たちはやり残したことがあります。

 

『秋インカレ470級8位・スナイプ級6位入賞・総合8位』
『両クラス全日本インカレ出場』
『全日本インカレ470級10位・スナイプ級6位入賞・総合10位』

 

これが新体制で挑む立教大学ヨット部の最終目標です。
部員1人1人が当事者意識を持って活動し、レースメンバー・サポートメンバー関係なく部員全員がチームに貢献し全力を出し切ることができた時、目標を達成することができると考えています。
長い間儚く散り続けた両クラス全日本インカレ出場という目標を私たちの代で達成し、6つのユリの紋章を西宮で輝かせます。

 

最後ではありますが、監督、コーチ、OBOGの諸先輩方、保護者の方々、その他立教大学体育会ヨット部に関わる全ての皆様には、日頃より多大なるご支援ご声援を賜りまして誠にありがとうございます。また、昨年度の全日本インカレ出場に際し、多大なるご寄付を賜りまして深く感謝申し上げます。私達の活動は、皆様のご協力なくしては続けることができません。部員一同、感謝の気持ちを持ってこれからも活動に取り組んでまいります。

 

これから1年間、両クラス全日本出場、そして西宮インカレでの入賞に向けて精進致しますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

立教大学体育会ヨット部 主将 松永寛太郎

 


 

 

aALL FOR ONE! RIKKYO SAILING TEAM

 

Rikkyo

Sailing

Team