JULY 2016

KEIOMED.SPORTS

 

・いつから卓球を始めていたのですか?

中学一年の時から部活に入っていました。試合もその頃から出ていました。

 

​・なぜ卓球を始めようとおもったのですか?

卓球が好きだからというのと、友人に誘われたからです。友人のお兄さんが卓球をやっていてその友人もやるというので一緒に入りました。

 

・​温泉卓球のイメージがあるのですが?

温泉卓球とは全然別物として考えてもらっていいぐらい違います。技の種類もたくさんあって、競技の卓球は台の周りを広く使って行います。

 

​・どんな技があるのですか?

例えばドライブといって、球をこすって上回転をかける技です。どんなに速く打っても相手のコースに落ちるので男子はそれの打ち合いになることが多いです。

 

​・すごく速いのですがどのように適応しているのですか?

相手の打つフォームで球を予測したり、あとは動体視力ですね笑

それと、相手の癖もあるのでどういう玉を打ったらどこに返ってくるなどを最初のセットで把握して残りの2セットの攻め方を考えます。すごい選手はどういう点の取られ方をしてどういう点の取り方をしたか全部覚えているらしいです。

卓球部 古川 誠(予科2)

 

​中学から卓球をしている彼は、チームをひっぱるエース!

​部内戦で彼にかなうものはいないそう。

ユーモアもあってたくさんのおもしろい話を聞くことができました。

 

・普段の部活はどのように教えあっているのですか?

​こする分量とはじく分量の感覚が大事で、これは自分で練習しないとみにつかないんです。なので、教えるのは本当にフォームのみで感覚は自分で養っていきます。

 

・部活の練習はどのようなことをしているのですか?

​まずは基打ちといってフォアーとバックを打つ練習をラリー形式でして、その次に課題練習というものをします。それは、自分の苦手なフットワークや技術を練習します。そのあとに球をたくさん打つ多球練をします。有名なのが三点フットワークといって、フォアとミドルとバックの三か所に球を出して打っていくという練習をしています。結構下半身や体幹や肩を使います。体幹がないと返ってきた球が返せなかったり、肩に筋肉がないと勢いがなくなってしまうので。

 

・練習日程はどのような感じなんですか?

卓球は練習の幅がたくさんあって、月と木の義務練だけでもいいし、やりたいと思えば他大の練習に参加することも可能なんです。昨日も聖マリアンナの練習に参加してきました。

 

・他大の練習に参加できるなんていいですね。

チーム競技じゃない分、一人で練習に行って他校との繋がりを自分で増やせるんです。

逆に、慶應の練習に来たりもします。慶應主幹の大会があったんですけど、その時にラケットを忘れて取りに来るついでに練習に参加しに来てくれました笑

また、学年会も結構頻繁に行われて交流は盛んな方だと思います。

 

・部活の人数構成はどのような感じですか?

全体で30人くらいで、同期は医学部が4人で看護が3人です。

看護と一緒に練習できるのも結構魅力だと思います。

 

・話は変わりますが、、、一年間の試合日程は?

春と秋に学校対抗の団体戦と8月の東医体と看護学部が出場できる全保が主で、9月に大学1,2年生が出場できる新人戦、冬に医歯薬があります。

 

・卓球の試合はどのような形式があるのですか?

シングルスとダブルスと団体があります。

 

・団体というのはどのようなものなのですか?

5つのシングルと2つのダブルスの取った本数が多いほうが勝ちになります。団体はリーグ戦で、シングルスとダブルスはトーナメントです。春と秋は、6校でリーグ戦をして上位・中位・下位にわかれてトーナメントをします。

 

・最近の試合成績は?

慶應は最近あがってきて、下位の下の方だったのが中位で準優勝になりました。

3月の医歯薬でダブルスでベスト30になりました。

 

・次回の目標は?

東医体でベスト8,16に入りたいです。シードには入りたいですね。

 

・最後に、、、部活での面白エピソードはありますか?

僕が一年生の時の新歓の話で、新入生は一発芸をやらないといけないっていうのを当日知らされて。

実はその前に、メーリスでも自己紹介を流すんですけど、すごく適当に「特技はダンスで、パパイヤ鈴木を尊敬していて得意なダンスは雨乞いです」って書いちゃったんですよ。

それもあって先輩に、「お前雨乞いやれ」って言われて新歓のOBの先生もいる前で雨乞いの踊りを即興でやりました。

その時はその場で終わると思ったんですけど、動画も撮られていてtwitterに載っちゃって。

​それ以降同期のテニス部の子にも雨乞いで雨降らせてくれよって頼まれたり、「古川、雨乞いやらないの?」って先輩からふられるようになりました。笑

・医学部二年 横山太郎

入部したときから、部のエースとして活躍しています。運動神経もすごいけれども、卓球に対するパッションも目を見張るものがあります試合に限らず、どんな状況でも落ちついた様子で、ぜひ見習いたいものです。これからも、卓球のスキルを上げていくとともに、部を引っ張ってくれる存在であり続けてほしいです。

・医学部三年  松田花穂

入部当初からレギュラーとして数々の大会で活躍してきた古川君は、圧倒的な熱意と練習量で卓球部の絶対的エースの座を不動のものにしてきました。

彼の素晴らしさについて語り尽くすことはできませんが、何といっても最大の持ち味は「度胸」だと思います。接戦で緊張感に包まれた場面でもいつも通り冷静かつ果敢に攻めていく姿は、2年生とは思えないほどの貫禄を感じさせます。

そんな古川君は無類のエンターテイナーでもあり、パパイヤ鈴木さんをリスペクトしているという彼の周囲にはいつも笑顔が絶えません。今後もその実力と人望で卓球部を更なる高みへ導いてくれることを期待しています!

Elegant pictures by mugley Taken from flickr, under creative common. If you keep any of these pictures in your final website, please keep this credit too, thanks

慶應義塾医学部体育会 Copyright(c) Keio University School of Medicine Athletic Association. All Rights Reserved