NOVEMBER 2017

Keio Med. Sports

 

ハンドボール部

福原 悠馬(予科2)

 

創部してからまだ日が浅いにもかかわらず、先日の大会で準優勝をおさめたハンドボール部。

そこにはハンドボールに対して熱い思いを持つ選手がいた。

 

・文学部2年マネージャー 木原悠さん

福原君は同期の中でもとりわけ冷静で、物事を俯瞰することのできる、頼れる存在です!持ち前の誰にでも分け隔てない信頼できる人柄で、2年生ながら部を支える縁の下の力持ちとなってくれています。また、学業も疎かにすることなく、部活動と器用に両立しており、さすがとしか言いようがありません、、!現在利き手である右手を怪我してしまっているのですが、休むことなく練習に積極的に参加し、自分なりに工夫してプレーすることで、チームに貢献してくれています。今後怪我から復帰した暁には、持ち前の観察眼と頭脳派なプレーでチームを牽引してくれることでしょう!福原君の今後の活躍にご注目下さい!

Elegant pictures by mugley Taken from flickr, under creative common. If you keep any of these pictures in your final website, please keep this credit too, thanks

・初心者でも、大丈夫なんですか...?

やっぱり最初は経験者にすごく引けを感じてしまうんですけど、他大学の選手には、初心者ですごく活躍している選手もいるので、そういう選手を目標にして頑張っています。三四会にも初心者の先輩がいらっしゃいますが、教えて下さるときに理論立てて教えてくださるので、すごくわかりやすいです。

 

・そうなんですね。やっぱり目指している大会は東医体ですか?

東医体は医学部しか出られないので、部活としては薬学部も出られる、春と秋にある医療系学部のトーナメントをメインの大会と位置付けています。数年前にこの大会で優勝したこともあるので、今も優勝目指して練習しています!

 

 

・医学部3年 小口慶悟君

狙いを済ました左腕から確実にシュートを決める。そんな福原君ですが実は右利きなんです!彼の凄いところは利き腕では無い左手で投げる器用なところもさる事ながら、その心の強さ、向上心の高さです。怪我で練習に参加できない時も毎回見学をし、先輩たちのサポートや、技術を盗んでハンドボールセンスを磨いていました。
そんな彼の人一倍練習を頑張る姿に、部員一同気を引き締められます。

このような尊敬できる選手がいるハンドボール部に是非入りましょう!!

・福原君はもともと右投げだったのに今は左で投げてる...と小耳にはさんだのですが...

実は去年の秋に右腕を投球骨折してしまったんです...。治ってもしばらくは右で思いっきり投げられなくなってしまって。だから左で投げることにしたんです!

・えっでも左で投げるって...そんなのできるんですか??

最初はもうぜんっぜんできませんでした!
でももう今は慣れてきました。まだ右のほうが投げやすいですけど、このポジションにいるときは左で投げることにしています。

 

 

 

慶應義塾大学医学部体育会 

 

・ハンドボールについてよく知らないのですが、どのようなスポーツなのか教えてください!

ハンドボールは1チーム7人で戦うスポーツです。1人がキーパーで、攻めるのが6人です。僕は右サイドでやっています。個人プレーだけでなく、動きの連携など、チームプレーがすごく大事になるスポーツです!

 

・練習はどんな感じでやっているんですか?

練習は火曜日、金曜日、日曜日に主に横浜の体育館で行っています。日曜日は他大学と練習試合をすることが多いですね。練習試合は、慈恵や順天堂大学とやることが多いので、ここで他大学の選手とも交流できます。

練習はきつい、ということはないですが、人数が少ないので一回にたくさん練習できます!

 

・他大学との交流が盛んなのは良いですね。三四会ハンドボール部は部員何人いるんですか?

医学部は今は6人ですね。でも、薬学部が5人です。全部で11人なので、2チーム作れないから、練習試合しないと試合形式の練習できなくて...笑

 

・他学部とも一緒に練習してるんですね。他学部とは仲良いんですか?

仲良いですね。僕は医学部の同期が1人しかいないんですけど、薬学部の同期が1人いて、同期のマネージャーもいるので、さみしくないです笑

部員みんなで毎年恒例のBBQをやったり、あと同期で遊ぶに行くことも多いですね。
先輩が後輩をいじったりすることもあって部員はすごく仲良いです!

 

・マネージャーもいるんですね!マネージャーは何をしているんですか?

マネージャーさんはドリンク持ってきてくれたりします。一番ありがたいのは、ビデオを撮ってくれることですね。試合の時にも撮ってくれるので、フォーム確認したり、攻め方研究したりとかできて、すごく助かります。

 

このような仲の良さがチームプレーを生み出しているんですね。

ここからは福原君個人にもつっこんでいきます!

 

 

 

部員から他己紹介!

慶應義塾医学部体育会 Copyright(c) Keio University School of Medicine Athletic Association. All Rights Reserved 

・怪我した時は、もうハンドボールしばらくできない...と諦めたりしなかったんですか?

最初はそう思ったんですけど、治るまで待つのもしんどくて...。練習を見学に行ったりすると、どうしてもやりたくなっちゃうんですよね笑

だから左手ならできるって思って左手で投げることにしました!

 

・すごい...そこまでハンドボールにかける思いが熱いということはやっぱり経験者だったりするんですか?

いや、全くの初心者です。ハンドボールは中高で体育の授業でやる程度でした。でも、それがすごく楽しくて、それで興味持ってはいたんです。それで勧誘の時にハンドボール部にいってみたら、やっぱり楽しくて。純粋に競技が面白いですね。

・最後に一言お願いします!

来年入部した時に一番良いのは、レギュラーにすごく近いってこと!1年生の内から東医体にも出場できる!これってすごいことです!!!!是非入部お待ちしています!!

ああああ

ああああ

ーこのインタビューの後にあった秋大会でハンドボール部は準優勝しました!

これからのますますの活躍に期待せずにはいられないですね...!